主張・声明・決議・要請(1998年)

●証拠不開示は国際人権規約違反である! 公平・公正な裁判のために証拠リストを開示せよ!<月刊「狭山差別裁判」299号/1998年11月>

●東京高検は証拠リストをただちに開示せよ! 東京高裁は事実調べと証拠開示を保障せよ!<月刊「狭山差別裁判」298号/1998年10月>

●東京高裁は事実調べをただちにおこなうとともに検察官にたいして証拠開示を勧告せよ!<月刊「狭山差別裁判」297号/1998年9月>

●全証拠開示・事実調べ−再審開始までさらに世論を広げ、徹底して闘いをすすめよう!<月刊「狭山差別裁判」296号/1998年8月>

●東京高検は弁護団と具体的に協議し証拠リストなどの証拠開示をおこなえ!<月刊「狭山差別裁判」295号/1998年7月>

弁護団、国会内外の連携した闘いで証拠開示・事実調べを実現しよう!<月刊「狭山差別裁判」294号/1998年6月>

甲山事件の検察官控訴に断固抗議する! 司法反動許さず全証拠開示・事実調べをかちとろう!<月刊「狭山差別裁判」293号/1998年5月>


月刊狭山差別裁判題字 

月刊「狭山差別裁判」の購読の申し込み先
狭山中央闘争本部 東京都中央区入船1−7−1 03-6280-3360 fax 03-3551-6500
頒価 1部 300円