pagetop
部落問題資料室
コラム
今週の1冊 第2206号/05.2.14

若者に伝えたい
韓国の歴史
共同の歴史認識に向けて

李元淳・鄭在貞・徐毅植 著 君島和彦・國分麻里・手塚崇 訳  明石書店(定価1800円)

書籍画像 今年は敗戦から60年目。いまだに侵略戦争を反省せず、謝罪・補償に居直りつづける日本政府は、アメリカのイラク戦争に加担し、過ちを重ねつづけている。国内の被差別者をはじめ世界の民衆の人間としての尊厳に無知・無関心でないがしろにしている日本社会が「民主主義」の名とは裏腹に、民衆を蔑視する政府を維持し平和憲法への逆行を支えているのだ。
 9・11以来、独断性を強めたアメリカの覇権政策を悪用し、いまや小泉政権は憲法改悪へ急加速している。国内の被差別者をはじめ世界の民衆に正面から向き合う政府の構築、人間の尊厳を大切にする真の民主社会の構築は火急の課題だ。その基礎は、国内の被差別者・世界の民衆との真の連帯であり、私たち自身がもつ無知・無関心、差別意識との闘いでもある。
 本書は、日本人に読んでもらうことを目的に韓国人が書きあげた韓国史と日韓文化交流史の入門書。平和構築のパートナー・韓(朝鮮)民族の歴史と国際観が学べ、同時に差別意識払拭の一助ともなる1冊だ。(K・S)

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定価:1部 8頁 90円/年ぎめ1部 4320円(送料別)
送料:年 1968円(1部購読の場合。それ以外はお問い合わせください。)