pagetop
部落問題資料室
コラム
今週の1冊 第2225号/05.07.04

子育て支援で
 シャカイが変わる

杉山 千佳 著  日本評論社(定価1600円)

書籍画像 育児中の母親が、子どもと2人きりでどう過ごしているか。「三食昼寝付きで、子どもとヒマをつぶせていいなあ」と思っている人はさすがに少ない、と思いたい。が、「これまでどおりの日常」を生きる周囲と、「1日中だれとも口をさかずに、ただ泣くばかりの赤ちゃんとすごす」自分をくらべてしまう母親の孤独に寄り添える人は、どれくらいいるだろう。
 本書は、母親の悩みと社会とのズレをどう克服していくかについて、①親がやるべきこと②仲間たち(コミュニティ)でやること③行政とのかかわりをもったコミュニティでやること④行政が中心になってやること⑤行政が責任をもってやること、に分類できると。
 日本ほど子どもに冷たい社会はない。子どもと「専業主婦」を無策の殻に閉じこめ、将来の自分たちのために少子化と騒ぐ。この国の滑稽さと、笑うのは簡単だ。笑う前に、自分が、いまの場所でなにができるか考えたい。「子ども関係は自分には縁がない問題」と思っている人にこそ、読んでほしい1冊だ。(亀)

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定価:1部 8頁 90円/年ぎめ1部 4320円(送料別)
送料:年 1968円(1部購読の場合。それ以外はお問い合わせください。)