pagetop
部落問題資料室
コラム
今週の1冊 第2239号/05.10.10

憲法を変えて戦争へ行こう
という世の中にしないための18人の発言

岩波ブックレットNO.657  岩波書店(定価476円)

書籍画像 本著は、井筒和幸、姜尚中、香山リカ、辛酸なめ子、黒柳徹子、中村哲、ピーコ、美輪明宏、吉永小百合など、各方面で活躍する18人が、憲法、とくに9条について、改悪反対の意見①いかに戦争が愚かで悲しいものか②「自分は戦争にいかなくても済む」という根拠はない③テロ対策、北朝鮮、国際貢献など、どれも憲法改正の「根拠」たりえない、むしろ9条によって私たちが守られている、ことなどをそれぞれの立場で語っている。
 先の総選挙で自民党が大きく議席を増やし、自公連立与党が3分の2以上の議席を占める結果となった。小泉首相は、「これが民意だ」という。もちろん、今後確実に改憲議案があがるだろう。憲法改正の手続きは、衆参それぞれ3分の2以上の賛成で議決されたあと、国民投票となる。事態は、そこまで来ている。
 1人でも多くの人に、戦争反対、憲法改悪反対を訴えたい。本著の人選からも、幅広い年齢層に訴えたいことがわかる。短くまとめてあり、読みやすい。若い人にもすすめてほしい。 (謙)

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定価:1部 8頁 90円/年ぎめ1部 4320円(送料別)
送料:年 1968円(1部購読の場合。それ以外はお問い合わせください。)