pagetop
部落問題資料室
コラム
荊冠旗 第2211号/05.03.21
 太平洋戦争末期、特高による検挙者数が上昇してくる。民衆間に疑心暗鬼が生じ少しでも敵(連合国側)を利するような言動や味方を混乱に陥れるようなことへ、特高への告発がおこなわれた。記録をみると、実にくだらないことを口実に民衆間でチクリがおこなわれ、多くの人びとが弾圧されてきたことか
▼権力者のなかにいくと、もっとすさまじいものがあった。ちょっとの違いで、自分の意に即さない人物がいると、たちまちアカや自由主義者とのレッテルを張る。そして排外し弾圧を加える。こんなことがまかりとおっていた
▼こんな戦争末期の権力者と同じような発想にたった人が、いまも存在する。いわく「左翼人権派の法務官僚」の暗躍で、人を差別的に見下したり、排外することができなくなる、とこの人はわめきちらしている。なんのことはない、あのきわめて不十分な「人権擁護法案」にたいしてだ
▼この人、人権擁護委員の任命に国籍条項がない、ということも批判の対象にしている。日本のなかをよくみると、さまざまな国からきた人がいる。だからこそ人権擁護委員も多様性をもてばいいのではないか。そんなことまで批判するとは
▼この人の本音は、反差別・人権などといわれたら、オレたちのやっている方向とまったく逆、侮蔑や排外ができなくなる、ということ。こんな人、歴史の流れ、国際的流れにたいしての反動とよばれても当然だろう。

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定価:1部 8頁 90円/年ぎめ1部 4320円(送料別)
送料:年 1968円(1部購読の場合。それ以外はお問い合わせください。)