pagetop
部落問題資料室
NEWS & 主張
次代の人権リーダー養成へ
21世紀人権政経塾が開講
「解放新聞」(2005.8.29-2233)

 【大阪支局】次代の人権リーダーの養成をめざす「21世紀人権政経塾」の入塾式が7月23日、大阪人権センターでひらかれ、第1期の塾生、関係者ら60人が出席した。

32人が1年研修活動に

 「21世紀人権政経塾」(2218号、2220号既報)は、部落解放連動をはじめ、差別撤廃・人権確立の分野で活躍する人材の養成をめざして、今年から開講。府連を中心に設立したNPO法人「人権人材ネットワーク」が運営を担う。
 同塾には、意欲と熱意をもった幅広い層からの応募があり、第1次、第2次の選考をへて年齢、活動歴とも多彩な32人が第1期生として今後1年間、月1回の合宿形式で理論と実践を身につけるための研修活動をおこなう。
 入塾式では主催者を代表して塾長の北口末広・府連書記長が、「大きな志をもって集まった32人の塾生が、この人権政経塾の伝統をつくっていく。部落解放運動、人権運動は人材がすべてを決する。講義とともに人権運動の現場にも参加し、1年間がんばっていただきたい。有能な講師陣、スタッフ、アドバイザーも全力でサポートする。1年後の自分の姿を描きながらしっかりととりくんでほしい」とあいさつした。

塾生1人ひとりが

 来賓のあいさつのあと、塾生1人ひとりが決意を表明。大阪を中心に、東京、鳥取、三重などからも参加した塾生がそれぞれ自己紹介し、1年間何を学び何を獲得するのか、抱負を語った。


「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定価:1部 8頁 90円/年ぎめ1部 4320円(送料別)
送料:年 1968円(1部購読の場合。それ以外はお問い合わせください。)