pagetop

NEWS & 主張

朝鮮学校差別許さず〜東京朝鮮高校生「無償化」裁判2・2東京集会

「解放新聞」(2019.02.18-2895)

文科省前の金曜行動で歌われている歌「声よ集まれ、歌となれ」を合唱し、最高裁での勝利に向けた闘いを誓い合った(2月2日・東京)

文科省前の金曜行動で歌われている歌「声よ集まれ、歌となれ」を合唱し、最高裁での勝利に向けた闘いを誓い合った(2月2日・東京)

 【東京】 2010年にはじまった「高校無償化」から国が朝鮮学校を排除している朝鮮学校差別にたいし、東京では、朝鮮高校生自身が原告になって裁判で闘っている。あいつぐ不当判決を最高裁で覆すため、全力での闘いが展開されている。朝鮮大学生を中心とした文科省前抗議行動(金曜行動)も昨年末で250回を数えた。こうした闘いをふまえ、「最高裁勝訴をめざして! 朝鮮学校の子どもたちに笑顔を! 子どもたちの声にどう応えるか」と掲げて2月2日夜、東京朝鮮高校生「無償化」裁判2・2東京集会が武蔵野市の武蔵野公会堂でひらかれ、352人が参加。都連からも参加した。

 東京朝鮮高校生の裁判を支援する会など、5つの団体の主催。金曜行動での差別糾弾の訴えを確認し、弁護団、支援する会、オモニ会連絡会(国連子どもの権利委員会の日本審査報告)、各地のオモニ会からリレートーク。長谷川和男・支援する会共同代表が「世論を変えること、できることはすべてやり尽くそう」と行動提起し、「声よ集まれ、歌となれ」を全体合唱した。朝鮮学校の歴史と現状を描く映画「アイたちの学校」の予告編も上映された。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定価:1部 8頁 90円/年ぎめ1部 4320円(送料別)
送料:年 1968円(1部購読の場合。それ以外はお問い合わせください。)