pagetop

NEWS & 主張

神戸法務局と話し合い〜ネット上の差別対策など
兵庫

「解放新聞」(2019.05.13-2906)

 【兵庫支局】県連は3月14日、部落差別撤廃と人権社会の確立に向け、神戸地方法務局と話し合いをおこなった。

 県連六役と差別糾弾闘争本部員の8人が参加し、「部落差別解消推進法の啓発」「インターネット上の部落地名総鑑・隣保館情報に対する見解」「県内の差別事件の把握状況」「県内の体罰・イジメについて把握状況」など9項目について報告を受け、意見交換した。

 神戸地方法務局からは、「推進法」施行前と施行後の啓発によって人権侵犯事件が減少していること、学校でのイジメ・体罰の相談件数は依然として増加傾向にあるなどと報告。

 県連からは、差別事象・事件の把握件数は減少しているが、なくなっているわけではないこと、インターネットの匿名性を利用した差別行為が増加していることなどを問題提起した。そして、鳥取ループ・示現舎による差別行為「部落探訪」の問題点を指摘し、早急な削除を要請。人権擁護委員による相談体制の充実も求めた。

 最後に、今後も情報交換をおこない、連携していくことを確認し終了した。

神戸地方法務局職員に要請文を手渡す坂本委員長(左)(3月14日・神戸市)

神戸地方法務局職員に要請文を手渡す坂本委員長(左)(3月14日・神戸市)

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定価:1部 8頁 90円/年ぎめ1部 4320円(送料別)
送料:年 1968円(1部購読の場合。それ以外はお問い合わせください。)