pagetop

NEWS & 主張

人権条例を区市町村に 〜東京実行委2019年総会
東京

「解放新聞」(2019.08.12-2919)

 【東京支局】 部落解放・人権政策確立要求東京実行委員会は6月21日、文京区・全水道会館で2019年総会をひらき、各団体から93人が参加した。

 臼井敏男・会長(元朝日新聞論説委員)があいさつ。近藤登志一・事務局長(都連書記長)が活動報告と活動方針を提案し、議案通り確認された。▽「推進法」を活用し、部落差別撤廃に向けたとりくみの強化▽区市町村でも人権条例を制定させるとりくみ▽「差別禁止」「人権侵害救済」など包括的な人権の法制度確立に向けたとりくみ▽モニタリング事業創設などインターネット上の差別や人権侵害を許さないとりくみ▽全区市町村に「本人通知制度」を確立させるとりくみ、など。 

 総会後、師岡康子・弁護士が「都人権条例と国立市人権平和条例について」と題して記念講演をおこなった。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定価:1部 8頁 90円/年ぎめ1部 4320円(送料別)
送料:年 1968円(1部購読の場合。それ以外はお問い合わせください。)