pagetop

NEWS & 主張

救済法を一日も早く 〜国民民主党
人権議員連盟

「解放新聞」(2019.11.11-2930)

国民民主党人権政策推進議員連盟の総会(10月29日・東京)

国民民主党人権政策推進議員連盟の総会(10月29日・東京)

 国民民主党人権政策推進議員連盟の総会が10月29日夜、参議院議員会館でひらかれた。役員を決め、法務省から「部落差別解消推進法」施行をふまえたとりくみについてヒアリングをおこなった。会長には、古川元久・衆議院議員が就任。顧問には、前原誠司・衆議院議員と玉木雄一郎・国民民主党代表が就任した。

 古川会長は「21世紀は人権の時代といわれながら、インターネットなどでの人権侵害がいろんな形で起きている。部落差別解消推進法、障害者差別解消法、ヘイトスピーチ解消法などの具体化と人権侵害救済の法制定が大事だ。一日も早く救済法の制定にこぎつけたい。21世紀を人権の世紀とし、日本が、人権を守る世界の先端をいく。そうした社会を創るためにともに努力したい」と決意を語った。

 部落解放同盟からは、組坂委員長、西島書記長、大西中執が参加。組坂委員長は「野党で連携し、よりよい法案を」と。西島書記長は「推進法」の具体化と差別事件の現状を説き、人権救済機関設置を訴えた。

 法務省は、人権擁護局の丸山嘉代・総務課長、中島行雄・参事官らが参加。ネット上の差別情報への対処や「推進法」6条の実態調査などについて報告した。

役 員
顧 問 前原 誠司
玉木 雄一郎
会長 古川 元久
会長代行 大塚 耕平
副会長 横澤 高徳
幹事長 泉 健太
事務局長 岸本 周平

 この日の出席議員はつぎのとおり(敬称略・順不同)。

【衆議院議員】

泉健太▽岸本周平▽白石洋一▽古川元久▽谷田川元▽大西健介㈹▽城井崇㈹▽日吉雄太㈹▽前原誠司㈹▽森田俊和㈹

【参議院議員】

大塚耕平▽古賀之士▽榛葉賀津也▽森本真治▽横澤高徳▽田村まみ㈹▽森ゆうこ㈹

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定価:1部 8頁 90円/年ぎめ1部 4320円(送料別)
送料:年 1968円(1部購読の場合。それ以外はお問い合わせください。)