pagetop

NEWS & 主張

現状と課題など学習 〜差別情報の拡散に対して
鹿児島県研究集会

「解放新聞」(2020.03.23-2947)

 【鹿児島支局】 鹿児島県連は2月13日、「部落解放第31回鹿児島県研究集会」を鹿児島市・鹿児島市民文化ホールでひらき、県内の行政職員、教職員、宗教関係者ら650人が参加した。

 主催者あいさつでは、山下親志・県連執行委員長が、「高度情報化社会では、有益な情報とともに差別情報が拡散されている。暴力や差別を公然と主張する情報を排除する知識や技術・判断力を持たなければならない」と学習の意義を語った。

 講座Ⅰでは、下村昭雄・県連財務委員長が「同和問題の現状と課題」をテーマに講演した。「人権についての県民意識調査」(2018年)の結果分析や県内の差別事件・事象から「差別の現実」を示し、「部落差別解消推進法を実効あるものに」と訴えた。

 講座Ⅱでは、山口県人権啓発センター事務局長の川口泰司さんが「ネット社会と差別扇動〜部落差別は、今〜」をテーマに講演した。インターネット上で部落差別が深刻化している現状や「全国部落調査」復刻版出版事件について解説し、人権教育・部落問題学習の重要性やインターネット対策が喫緊の課題であることを訴えた。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定価:1部 8頁 90円/年ぎめ1部 4320円(送料別)
送料:年 1968円(1部購読の場合。それ以外はお問い合わせください。)