pagetop

NEWS & 主張

8か所に差別落書 〜葛飾区の緑道公園など
東京

「解放新聞」(2020.03.30-2948)

 【東京支局】 葛飾支部は2月21日、葛飾区人権推進課から差別落書が見つかった報告を受けた。区内を流れる中川の右岸にある緑道公園のベンチなどに、差別落書があるのを区公園管理事務所の職員が発見。公園管理事務所長を通じて人権推進課に通報があった。

 人権推進課と葛飾支部が、それぞれ現場周辺を確認したところ、遊歩道のベンチに2か所、石のイスに1か所、階段昇降口に2か所、橋の欄干に2か所のあわせて7か所に、黒マジックの太字で10センチほどの大きさで書かれた「部落」の文字があった。さらに27日に人権推進課職員が周辺地域で民家の前にある電柱からも「部落」の文字を見つけた。

 葛飾支部では、人権推進課にたいして管理責任者である公園課と連携して警察に被害届を出し、犯人の特定、地域パトロール強化などの要請をすること。区職員にたいして差別落書の発生を知らせ、発見時の対応等の全庁的な周知をすること。および差別落書があった地域周辺への重点的な啓発を要請した。

 今回の差別落書も、字体や内容から「葛飾区大量差別落書事件」の犯人と同一人物による行為だと断定できる。この事件は2001年12月から断続的に発生し、区内のさまざまな場所に大量に書かれてきた。地域も足立区や江戸川区にまで広がり、2017年2月までに60件、合計120か所以上と執拗におこなわれてきた、悪質な差別落書事件だ。

 支部では、今回の事件を受け、あらためて部落差別撤廃・人権確立、共生のとりくみの重要性を地域に訴えていくことにしている。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定 価:1部 8頁 115円/特別号(年1回 12頁 210円)
年ぎめ:1部(年3回発行)4320円(含特別号/送料別)
送 料: 年 1554円(1部購読の場合)