pagetop

NEWS & 主張

女性集会で団結固め
熊本

「解放新聞」(2020.08.25-2963)

一致団結したとりくみを確認(8月8日・熊本市)

一致団結したとりくみを確認(8月8日・熊本市)

 【熊本支局】 県連は8月8日午後、部落解放第37回熊本県女性集会を熊本県総合福祉センターでひらき、40人が参加した。熊本開催の予定だった今年の全国女性集会は、新型コロナウイルス感染症の状況をふまえて中止になったが、「これまで熱く語り合ってきたなかまとの固い絆・団結力をさらに継続・確認」し、再来年の2022年に開催予定の熊本全女の成功につなぐことを誓い合った。今年度の運動方針、活動計画などを決め、集会スローガン、集会宣言を採択した。

 松永末廣・県連委員長は、7月の豪雨災害にふれ「県内の支部関係の被害はなかったが、近隣でかなり大きな被害を受けている。支援していきたい。熊本地震でも多くの支援をいただいた。少しでも助けになれば」と支援への決意も表明。

 松永信子・県連女性部長は、22年の熊本全女の成功に向け「一致団結してみんなでとりくもう」と訴えた。

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定 価:1部 8頁 115円/特別号(年1回 12頁 210円)
年ぎめ:1部(月3回発行)4320円(含特別号/送料別)
送 料: 年 1554円(1部購読の場合)