pagetop

NEWS & 主張

不戦の誓いを新たに 〜千鳥ヶ淵の8・15集会で

「解放新聞」(2020.09.05-2964)

「誓いのことば」をのべる藤本泰成・平和フォーラム共同代表(8月15日・東京)

「誓いのことば」をのべる藤本泰成・平和フォーラム共同代表(8月15日・東京)

 「戦争犠牲者追悼、平和を誓う8・15集会」が8月15日、東京・千鳥ヶ淵戦没者墓苑でひらかれ、120人が参加。戦争犠牲者を追悼し、不戦の誓いを新たにした。部落解放同盟も大西中執らが参加し献花した。新型ウイルス感染予防へフィジカル・ディスタンス確保などの対策を講じた。主催はフォーラム平和・人権・環境(平和フォーラム)。

 正午に黙禱し、藤本泰成・共同代表、立憲民主党、社会民主党、立憲フォーラム、戦争をさせない1000人委員会が誓いを表明。藤本共同代表は、多くの戦争が自衛権の名で戦われた、「如何なる名義」でも「交戦権は先ず第一自ら進んで放棄」という吉田茂・首相の国会答弁を引用。「敵基地攻撃が議論され、専守防衛の枠組みが崩され、航空母艦や巡航ミサイル配備が現実化」するなか「忘れてはならない」と強調した。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定 価:1部 8頁 115円/特別号(年1回 12頁 210円)
年ぎめ:1部(月3回発行)4320円(含特別号/送料別)
送 料: 年 1554円(1部購読の場合)