pagetop

NEWS & 主張

解放共闘が全国交流会 〜オンラインでつなぎ
第37回全国交流会

「解放新聞」(2020.12.15-2974)

オンラインで全国をつなぎ交流会(11月20日・東京)

オンラインで全国をつなぎ交流会(11月20日・東京)

 部落解放地方共闘全国連絡会議は11月20日午後、第37回全国交流会を東京・連合会館を中心にオンラインでひらき、全国の解放共闘から参加、2本の講演で学習した。講演者は中央本部の片岡副委員長と藤本忠義・東京都連委員長。片岡副委員長は、「全国部落調査」復刻版出版事件の経過と課題を。藤本都連委員長は、東京の部落問題の特徴と皮革産業について講演した。

 司会は則松佳子・事務局長が務め、組坂繁之・議長がオンラインで福岡から開会あいさつ。組坂議長は、「部落差別解消推進法」6条にもとづく調査結果から差別意識の根強い実態を報告し、自治体での「条例」制定、実態調査などの実施を、と訴えた。新自由主義、市場原理主義による格差の拡大、富の偏在の問題も強調して是正を訴え「私どもの運動は日本国憲法で保障された平和主義、民主主義、基本的人権を確立する闘いでもある」と提起。狭山再審、インターネット上の差別との闘いも訴え「しっかりと学び、各地域でのとりくみを」とよびかけた。

 なお、第37回総会は書面形式でおこない、活動方針や予算、役員(次号に掲載予定)などを決めた。

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定 価:1部 8頁 115円/特別号(年1回 12頁 210円)
年ぎめ:1部(月3回発行)4320円(含特別号/送料別)
送 料: 年 1554円(1部購読の場合)