pagetop

NEWS & 主張

モニタリングを学習 〜ネット差別情報で対策会議

「解放新聞」(2021.02.15-2981)

 第4回インターネット差別情報対策会議を1月24日午後、オンラインでひらき、インターネット差別情報PT委員長である北口副委員長をはじめ、18都府県連46人が参加。差別情報のモニタリングを中心に学習した。講師は滋賀県人権センターの松浦広明さん。電子掲示板、差別サイト、SNS投稿などの差別情報を検索して発見し削除依頼・通報する方法を実演した。

 参加者からは、発信者情報の開示、複数サイト内の同内容の差別情報やネット地図への対処、サイト運営者による対応の違い、他分野のモニタリングや情報の真偽検証の現状などで質問があり、意見交換。とりくみの方向として▽削除依頼と情報開示を基本に法的手段も▽ネット上の抗議行動▽訴訟支援制度づくり▽モニタリング機関の集約▽同盟内のデジタル化の推進状況調査などで議論した。

 北口PT委員長は、サイバー(コンピュータ・ネットワーク)を使いこなす部落解放運動への発展を訴え、「デジタル識字活動」をはじめとした研修を提案。村井中執は、PTで報告書をまとめ、法制度の整備に向けて論議を深めよう、とよびかけた。

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定 価:1部 8頁 115円/特別号(年1回 12頁 210円)
年ぎめ:1部(月3回発行)4320円(含特別号/送料別)
送 料: 年 1554円(1部購読の場合)