狭山事件「鴨居」の写真

3回目の家宅捜索で発見?
 事件後、2ヶ月ちかくもたってから、「被害者のもの」とされる万年筆が、石川さん宅の勝手場入り口のカモイから発見されました。
 このカモイは、床から孝さ175.9cm、奥行き8.5cmしかありません。10数人の刑事が2時間以上もかけて、室内はもちろん、便所、天井裏、屋根上、床下のほか、家の周辺で盛りあがっているところは掘り返すという、徹底的な家宅捜索を2回もおこなったあとで発見されたというのは、どう考えても不自然です。
 ところが寺尾判決(確定判決)では、現場検証もしないで、「背の低い人には見えにくく、人目につき易いところであるとは認められない」といって、石川さんを有罪(無期懲役刑)にしたのです。
 しかし、再審段階になって、家宅捜索にあったった元刑事らが、「ふし穴をしらべた」「かもいに手を入れてしらべたが、なにもなかった」と証言しています。