pagetop
部落問題資料室
NEWS & 主張
自衛隊内で差別事件
指摘後もくり返す
「解放新聞」(2006.02.20-2257)
 自衛隊内で差別事件が起きた。事件が起きたのは03年3月20日。徳島県内のカラオケスナックで、「「四つのお願い」を歌うのは部落民」と隊内の部落出身のHさんを前に、同じ隊内のTが発言したことからはじまる。Hさんが、それは部落差別発言だと注意したにもかかわらず、Tはその後も妻(自衛隊員)のもつ部落への偏見の影響から、差別発言を繰り返した。しかも、注意を受けたTは、妻に相談し、妻は抗議を恐喝ととらえ、自衛隊の上司に訴えた。こうして、再三にわたって差別発言だと抗議する、被害者であるHさんが、あたかも恐喝事件の加害者であるかのように扱われたのだ。
 Hさんは、一連の差別発言、Tの妻が恐喝したと申告したことに損害賠償を求め、04年8月に徳島地裁に訴え、05年10月に判決が出た。しかし、判決の事実認定の誤り、Tの妻の責任を認めなかったことなどを不服として控訴、2月24日には高松高裁で口頭弁論がはじまる。
 中央本部では、中四国ブロックを中心に裁判などへの支援体制を組んでいく。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)